人間以外のテクノロジー

IT・テクノロジーオンライン

人間以外のテクノロジー

テクノロジーというものはなにも人間の特権というわけではありません。
基本のテクノロジーは、人間以外は動物で見られます。
たとえば、霊長類とイルカは、(例えばチンパンジー、カラス)です。
より広い意味でテクノロジーを捕えて、環境を調節することによって活発に制御するつもりである動物の措置を含めるとき、ダムの巣とビーバーが作るミツバチは含まれます。
製品が従来は、ツールを使用した能力に関しては、それは人間に特有のもので考えられました。
しかし、チンパンジーのような霊長類がツールに作った例です見つけました。
そして、テクノロジーに関しては、それが人間に特有のものでないことが明らかにされました。
たとえば、野生のチンパンジーがツールで食物を探す国は、研究者によって観察されます。
西アフリカのチンパンジーはハンマーと金床のような石を使って、ナッツを壊します。
そして、ブラジルのアライグマ猿は類似した行動を示します。

ちなみに人間のテクノロジーは、呼ばれる新石器時代から突然進化し始めました。
刃の部分をみがいた石の斧の発明で、大規模に森を開けることができに来て、農場に着くことができに来ました。
農業によって、より多数の人口を開発することができるようになりました。
そして、定住生命は散開しました。
落ちつかなかったとき子供を運ぶことが必要だったので、連続して子供がいることができないで、落ちつくことによって同時に子供を育てることができました。